ん? と思って検索した言葉


ちょっと不安な言葉


文章を書くとき、あれ? これでいいんだよね、とちょっと不安になって、辞書やウェブで調べることがあります。
わからない言葉というよりも、確認しておきたい言葉ですね。
念のためにクロームのブックマークに放り込んでおいたりしているのですが、それが溜まってきたのでここに書いておきます。
また気になって確認したくなるかもしれませんからね。

シチュエーション


これはよくあるやつですね。
シュチエーションなのかどうかということです。
さすがにシュチュエーションではないですよね。
うーん、繰り返し発音してみて確認していると、気持ち悪くなってきます……。
ということで調べました。

シチュエーションとは

はい、シチュエーションでした。
ちなみにシミュレーションです。
このふたつはまあそうなんですけど、外来語は厳密にどう表記するのかと考えると、カタカナで表記しようとしたらどうやってもおかしくなったりもしますので、あんまり細かいところまで考えても仕方がないかな、と思います。
以前シュルレアリスムについて確認したときは途方にくれました。

シュルレアリスム

そういうことなんです。

理知的な


これは単にこの言葉あるよね、と確認しただけです。

理知的の意味

はい、ありますね。
「り」「ち」と続けて発音しにくかったので、ちょっと気になってしまいました。
そう言われると発音しにくいですよね?
こういう言葉は気になってしまいます。

味わわない


これも文字通りには発音しにくいですよね。
味わわせるとかになると、途中で混乱して何を言っているのかわからなくなります。(大げさに書きました)
品詞分解すれば、味わわないという言葉はあるな、というのはすぐに見当がつきます。

味わわないとは

はい、そうですよね。
ワ行の五段動詞ですよね。
「味わう」の未然形が「味わわ」になるということですね。
これで味わわないについては問題ないことはわかりました。
日常会話で発音するときは、「あじあわない」になるんじゃないかと思います。
これも正しいとする根拠は見つかりませんでした。
文字で書くときは、味わわないのほうが良さそうです。

つややかな


これは一応確認したら、ちょっと混乱してしまった言葉です。
「つややかな」と「つやつやした」の意味は違うよね、と思って確認したんです。

つややかなとは

はい、「つややかな」は「つやつやした」という意味ではないんですよね。
これでいいんですけど、実際に使用するとき、どちらでもいい状況がわりとありそうなんです。
というのは、つやつやしている状況って、つややかでもあったりしますよね。
つやつやしてたら……イメージすると、つややかですよね。
もちろんそうでないこともありますけど。
意味の区別はしておきますが、どちらの意味も含む状況はわりとありそうだということで、そこらへんも気をつけておきます。

保証と保障と補償


これがわかりにくいんです。
補償はともかく保障と保証がわかりにくいです。
特に否定型になると、ピンときません。
一応調べました。

保証と保障と補償の違い

意味が違うのはわかりましたが、保証と保障の違いは微妙ではありますよね。
否定型、たとえば「うまくいくほしょうはない」と言うときってどっちでしょう。
迷いませんか?
僕は迷って、うーんと考えこんでしまいましたが、これってどこかで聞いたフレーズなんです。
そう、ポケモンマスターが言ってましたよね。
「うまくいく保証はないけれど」って。
そういうわけでこの場合は保証です。
ポケモンマスターが言うなら間違いないでしょう。
……この使い分けは毎回悩むことになりそうです。

目をつぶる・つむる


これはどちらを使えばいいのか、どちらかは間違いなのかということですね。

「目をつぶる」と「目をつむる」

はい、両方ありでした。
辞書を検索してもどちらもありますね。
どちらかというとつむるのほうが、よく見かけるような気もしますがどちらでもいいみたいです。

充分と十分


どちらも「じゅうぶん」という読みで、満ち足りている意味を表しますよね。
これはどちらでもいいパターンなのは知っていたのですが、念のために検索しました。

十分と充分の違い

あら、十分のほうが本来使われていたもののようです。
ここは誤解していました。
公文書でも十分のほうが使われているそうなので、どちらかといえば、十分を使ったほうが良さそうです。
まあ、どちらでもありなので、気にしなくてもいいですね。

恋う


これはツイッターで見かけて気になったので確認しました。
恋う(恋ふ)という動詞はあるっぽい気がしますけど、本当にあるのかちょっと不安になったのです。

こう【恋う】の意味

やっぱりありますね。
いろいろ探してみましたが、現代語で使わないとする根拠が見つからなかったので、使っても良さそうです。
ハ行の五段動詞でしょうね。

鬱陶しい


これは、「うっとおしい」なのか「うっとうしい」なのかということですね。

鬱陶しいの意味

はい、うっとうしいでした。
さらっと間違えていた部分を見つけたので、訂正しておきました。
発音では両方ありっぽい気もしますが、漢字を見ると「とう」ですね。
現代仮名遣いの長音に関する規定から考えても、「う」でした。

暗澹たる


これは読みが気になったのですよね。
「あんたん」で変換できるので、これであっているだろうと思いつつ、「なんか、あんたんって響きだと可愛くないか?」と気になったのです。

暗澹の意味と例文

はい、合ってますね。
「暗澹たる思い」以外の用法が思いつきませんでしたが、ほかの使い方もできるんですね。
あんまり使わないだろうとは思いますが……。

おざなりとなおざり


これはよく混同しやすい言葉ですよね。
こちらが分かりやすいです。

おざなり? なおざり?

漢字をみると迷わずにすみますね。
まあ、両方あるということと、「座」「去り」だけ覚えておけば迷うことはないでしょう。
うっかり書き間違うことも多そうですが……。

忸怩たる思い


これは誤用が多そう、というかあまり日常生活では使わない言葉ですね。
具体的な用法が思い浮かばないので確認しました。

忸怩たる思いとは

はい、ポイントはふたつで、「自らの行為」について、「深く恥じる」という意味です。
普通に生活していると、政治家が使っている場面でしか、ほぼ遭遇しない言葉なんじゃないかと思いますが、政治家はだいたい恥じている様子がないので、これが誤用を引き起こす原因じゃないかと思います。
スポンサーリンク

投稿サイト

小説家になろうに、猫のエッセイを投稿しています。
かわいいです。
うちのかわいいかわいい猫
このブログでも、一部を掲載しています。

アルファポリスでは、ファンタジーの連載を初めてみました。
気軽に読んでみてください。

ランキング

スポンサーリンク