IFTTTで小説家になろうとツイッターを自動連携する


連携しました


IFTTTというサービスを利用して、小説家になろうの更新をツイッターで自動でツイートすることに成功しました!
こういうものにはまったく無知なのですが、できるものなんですね。
一日数回更新するような、更新頻度が速い作者さんには便利かもしれませんね。

やり方


簡単にまとめてみます。
まずはIFTTTのアカウントを作ります。

IFTTT公式

英語のサイトなので戸惑いますが、まあやることはメアドとパスワードの登録くらいです。

登録できたら、ツイッターとIFTTTをアプリ連携します。
IFTTTの虫めがねの検索ボタンからツイッターを探して、青い鳥のアイコンをクリック。
そして、CONNECTからアプリを連携です。

ここまできたら、あとはレシピを作るだけです。
小説家になろうのfeedを取得して、それをトリガーにして、ツイートする設定にすればいいです。

レシピの細かい説明


IFTTTに決まった動作をさせる簡単なプログラムのようなものをレシピといいます。
feedを取得してツイートする方法は、検索すると解説記事がありました。

IFTTTの使い方・RSSフィードをTwitterで配信する

わかりやすく解説してありますね。
まあ基本的にここに書いてあるとおりにすればいいです。
レシピを作るのはわりと直感的にできているので、thisのところに橙色のRSSフィードアイコン、thatのところにツイッターの青いアイコンを入れれば、だいたいうまくいきます。

あと問題になるのは、小説家になろうのフィードの取得ですね。
これは以前公式ブログの記事でみたことがあります。

小説atomの仕様

あ、ブログ記事ではなかったです。
でも公式さんの記事なので、間違いはないです。

atomと書かれていますが、これがフィードのことのようです。
記事に書いてあるとおりにhttp://api.syosetu.com/writernovel/○○○○.Atom
の○のところにユーザーIDの数字を入れればいいです。
こうしてできたurlを、レシピの作成時、RSSフィードを求められたときに入力すればOKです。

感想


意外と簡単にできました。
こちらが実際のツイートです。

連携したツイート

小説家になろうのフィードは、探せばたぶん作品単位のフィードなどもあるっぽい、ツイートする内容は多少カスタマイズできるっぽい、ツイッター以外のsnsとも連携できるっぽい、というところが今後の課題ですね。
とりあえずはうまくいったので満足です。

連携したツイートは味気ないですし、僕のような更新頻度が遅いひとには必要ないかもしれないですけどね。

その後


IFTTTは問題なく自動でツイートしてくれています。
Tumblrの方にも自動で投稿してくれるように設定しておきました。

ものすごくアクセス数が増えるとか、そんなことはまったくないんですけど、なんかレシピを作ってそれが上手く動作しているというのは、満足感があります。
また何か役に立ちそうなものを見つけたら使ってみようと思います。
スポンサーリンク

投稿サイト

小説家になろうに、猫のエッセイを投稿しています。
かわいいです。
うちのかわいいかわいい猫
このブログでも、一部を掲載しています。

アルファポリスでは、ファンタジーの連載を初めてみました。
気軽に読んでみてください。

ランキング

スポンサーリンク